転職の前に~エステティシャンとライフスタイル~

カムバックは簡単?ママになってエステティシャンに転職し直すには カムバックは簡単?ママになってエステティシャンに転職し直すには

産後の転職はココに気をつけるべし

もし、転職をお考えならば、注意しなければならない点はいくつかあります。子供がいるときといないときではライフスタイルは大きく異なるため、育児を中心にした転職活動を行いましょう。

活かせるスキルがあるならそれを活用しよう

育児をしつつ転職を成功させるには、以前培ったスキルをフルに活用するのが最善です。例えばエステティシャンです。エステサロンは女性中心の職場のため、ママさん歓迎の職場は多いです。加えて、経験者ならさらに優遇される傾向があり、転職は成功しやすいです。よって、転職サイトを活用して色々探してみましょう。

転職時において注意すべきポイント

勤務時間
最も重要になるのが、勤務時間です。子供を保育園に預けるなどすればある程度の時間の融通はききますが、それでも長時間勤務は避けましょう。フルタイムだと育児にも支障が出る他、体力的にも相当ハードです。短時間勤務が可能な雇用形態で勤務し、育児と仕事の両立を図りましょう。子供がきちんと育つまでは、できるだけ育児中心にするのが好ましいです。
福利厚生
これは育児中に限りませんが、できるだけ福利厚生がしっかりしている所が好ましいです。特に交通費などの支給が万全か否かでは給料の差が非常に大きいです。問題点としては、短時間勤務の場合福利厚生がしっかりしている職場というのは限られているということです。よって、場合によっては妥協せざるをえないこともあるので注意しましょう。
週末のお休み
休みも、できるだけ疎かにしてはいけません。特に週末は子供を預けることもできないことが殆どのため、週末の休みはできるだけ確保する必要があります。夫に任せるという手段もありますが、仕事で忙しくなる可能性もあり確実とはいえません。よって、週末休みの職場を探しましょう。エステサロンなど育児に理解のある職場なら、そういった求人は比較的見つけやすいです。

まとめ

経験者の場合、多少無理のきく条件でも採用される可能性は高いです。特に、上記したようなエステサロンなど女性の育児に理解の生まれやすい職場ならなおさらです。スキルがあるなら、それを最大限有効活用しましょう。

TOPボタン